葉酸サプリおすすめランキング【2016年最新情報】

 ハグクミプラス「はぐくみ葉酸」
 

オーガニックレモンから搾った天然葉酸を使用。
葉酸:400μg (厚生労働省推奨のモノグルタミン酸型)
アセロラ由来のビタミンC・沖縄産のサンゴカルシウム配合。
 
合成添加物を一切使用していないので安心。
管理栄養士の食事のアドバイスをしてくれる特典あり!
 
【こんな方におすすめ】
・オーガニック原材料にこだわった葉酸
・葉酸以外にカルシウム・ビタミンも摂りたい
・管理栄養士に食生活をサポートしてもらいたい
・返金保証付きで、まず試してみたい

 


 

保証 価格 オススメ度
10日間 安心返金保証付き 初回1,980円(税込) 1日66円  

>>はぐくみ葉酸詳細はこちら<<

 

 オーガニックレーベルの葉酸
 

 

南米アンデス地方原産の穀物「キヌアスプラウト」

 

ザクロ・マカ・高麗人参・ローヤルゼリーなど妊活中にも役立つ栄養
管理栄養士が監修

 

 

「トクトクコース」定期
通常価格4,400円が、いまなら無料

 

103種類の天然素材
天然葉酸が1日2粒で400?摂取

ポイント 価格 オススメ度
2回目以降は、3,960円(送料無料)1日約130円 「トクトクコース」定期 初回無料  

>>オーガニックレーベルの葉酸詳細はこちら<<

 

 ベルタ葉酸サプリ
 

SHEILAさんや山本モナさん、春名亜美さんなど芸能人も愛用
 
酵母に取り込ませた「天然型酵母葉酸」を使用で吸収UP
27種類のビタミン・ミネラルを配合
15mgの鉄分・250mgのカルシウム配合
18種類の野菜配合

 

医薬品GMP工場で製造

ポイント 価格 オススメ度
放射能検査済み 定期便3980円(通常6980円が43%OFF)  

>>ベルタ葉酸サプリ詳細はこちら<<

 

 

葉酸の必要性、どうやって摂取できるの?

妊活に必須の「葉酸」ってなに?

妊活中も妊娠中も「葉酸」はとても必要なものとされていますが、
葉酸とは水溶性のビタミンBの一種です。

 


出典先:http://www.eclairer.com

 

植物に多く含まれているもので、
いろいろな栄養素をきちんと働かせることが
できる元となるものとなっています。

 

また赤血球を作る働きもあり、細胞を作り出す際においても
とても大切なものです。

 

 

 

妊活中にどうして葉酸がとても必要なものなのかというと、
葉酸を摂取していると、奇形児などが発生する確率を
減らしてくれたり、妊娠のはじめに葉酸をきちんと摂取して
いることで、先天性の異常の病気を防ぐこともできるとも言われています。

 

ですから、妊娠と大きな関わりがあると言われています。
貧血気味の人にも効果があると言われているので、
妊活している人で貧血気味の人がいたら、
より葉酸を積極的に摂取すると良いでしょう。
葉酸はサプリメントから摂取する方法が一番簡単と言えます。

 

赤ちゃんを作るため、妊娠時は通常の2倍の葉酸が・・・

妊娠している時には、赤ちゃんを作るために体の中では
細胞分裂がさかんに行われています。

 

そのために葉酸がいつも量では足りず、
2倍近くの葉酸が消費されていると言われています。

 

 

 

妊娠していると知ってからではこの葉酸を
摂取するのが遅くなってしまうため、
できるだけ早く妊活中から葉酸を摂取するのが良いでしょう。

 

そうすれば妊娠1日目からきちんと
葉酸が体の中に必要量あることになるため、
2倍必要となっても足りなくなることはありません。

 

葉酸は妊娠中ずっと飲むわけではなく、
だいたい妊娠してから4カ月くらいまでが
特に必要と言われているので、
妊娠する前から摂取する方法が
一番体のために大切となってくるのです。

 

しかし規定量はきちんと守って摂取する必要があります。
たくさん飲んだらその分効果があるというわけではないので、
きちんと決められた量は守って摂取するようにしましょう。

 

葉酸を飲むと赤ちゃんの先天異常のリスクを低下?

 

妊活中から葉酸を飲むと、赤ちゃんの先天異常のリスクを減らしてくれると言われています。

 

先天異常とはお腹にいる時に奇形が生じてしまうことで、
無脳児やダウン症、口蓋裂などの事を指します。

 

そのような先天異常が生じない為にも、
葉酸を妊活中からきちんと飲むとリスクを減らすことが出来るのです。

 

もちろん理由はそれだけではなく、遺伝や、病気、放射線などが原因で
先天異常が起こることもあります。

 

特に高齢出産の場合には先天異常が現れやすいと言われていますので、
高齢で子供を望む人などは出来るだけ早くから葉酸を飲んで、
リスクを減らせるようにすると良いでしょう。

 

 

出典先:http://www.mamagohan.info/

 

先天異常を受けやすいのは妊娠12週くらいまでと言われていますので、
妊娠に気付いてからでは遅いのです。

 

 

ですから妊活中からいつ妊娠してもいいように、
葉酸を飲み続けるということがとても重要となってくるのです。

 

 

妊活中の女性と妊娠中の女性、どちらが葉酸が必要でしょう?

 

妊活中の女性は、妊娠中の女性よりも
たくさんの葉酸が必要だと言われています。

 

どうしてかというと、妊娠が分かってからの時期よりも
早く葉酸の効果が欲しい時期があるからなのです。

 

葉酸が必要な時期は妊娠してから
12週までの間が特に必要と言われています。

 

さらに、4週から7週の時期が先天性奇形の影響を
最も受けやすい時期となるとも言われています。

 

葉酸にはその先天性奇形になるリスクを減らしてくれる
作用があると言われているため、摂取した方が良いと言われています。

 

先天性奇形の影響を受けやすい妊娠4週というと
まだ妊娠検査薬でも反応が出るか出ないかの時期となってしまうので、
妊娠が確定してからの時期では遅すぎるのです。

 

ですから妊活中から葉酸をきちんと毎日飲んで、
いつ妊娠してもいいように摂取しておく必要があるのです。

 

葉酸はサプリメントで摂取できるものなので、薬局などでも簡単に手に入れられます。

 

妊娠中・授乳中も、赤ちゃんの成長のために葉酸が欠かせません

 

妊活中や妊娠初期に葉酸がとても必要なもの、
ということは広く知れ渡っているかと思いますが、
実は妊娠中後期や授乳中などにも赤ちゃんが育つために
葉酸はとても必要なものとなります。

 

最近の母子手帳では、「妊娠したら葉酸を摂取しましょう」と言っているほどです。
赤ちゃんはお母さんから母乳を飲んですくすく育ちます。
母乳は血液が原料となっていますが、葉酸を飲んでいると、
良い母乳を出すことができるのです。

 

母乳は赤ちゃんの免疫を強くするためにもとても欠かせないものとなります。
またそのためにウイルスなどにも打ち勝つことが出来て、
とても小さなころはあまり病気をしないとも言われているほどです。
ですから母乳のためにも葉酸を妊活中や妊娠中だけではなく、
飲んでいる必要があると言えます。

 

また赤ちゃん自身にも母乳から葉酸が送られていくことになります。
そうすると赤ちゃんの成長にも大きく関わることになるからです。

 

 

 

妊活や妊娠中に葉酸サプリはなぜ必要なのか?

 

妊活や妊娠中に葉酸サプリメントがどうして必要なのかというと、
毎日の食生活の中で栄養素はいろいろと必要ですが、
葉酸はなかなか毎日の食生活から摂取することができず
不足していまうことがあるからです。

 

また赤ちゃんが出来る時の細胞のDNAを作るという働きを
葉酸がサポートしてくれることから、
特に妊活と妊娠中に必要と言われるようになりました。

 

妊娠中や妊活中には毎日の必要な葉酸の量よりも
多く葉酸摂取量が必要なのですが、
食事からより多く葉酸を摂取することはなかなか難しいため、
サプリメントなどで手軽に摂ることが望ましいとされています。

 

妊娠している時に葉酸を食事から摂ろうとすると、
太ってしまうことがあると言われているため、
そのようなことがないサプリメントが特に適しているとも言われています。

 

そのような理由で、妊活や妊娠中にはとても葉酸が必要だと言われています

 

 

妊婦の葉酸が不足するとどうなるの?

 

妊婦は葉酸の摂取がとても必要だと言われていますが、
不足するとどのようになってしまうものなのでしょうか?

 

葉酸が不足してしまうと、まず貧血になりやすくなる、と言われています。
どうして貧血になってしまうのかというと、
血液の中の赤血球が減少してしまうため貧血が起こるのです。

 

また、他には妊娠中に葉酸が不足することで、
動脈硬化から妊娠高血圧症になることがあるともいわれています。

 

特に35才以上の高齢出産の場合には、
葉酸の不足で動脈硬化になりやすいともいわれているので、
高齢出産の場合には特に気を付けた方が良いでしょう。

 

また、残念なことですが葉酸の不足で、流産が起きてしまうこともあります。
流産とは、子宮内で赤ちゃんが発達できず亡くなってしまうことです。

 

そのような事が起こらないためにも、妊婦の必要な葉酸はきちんと摂取して、
病気などを引き起こさないようにしていくと良いでしょう。

 

 

妊娠後の葉酸不足は、妊婦に危ないのは

 

妊娠前に葉酸がとても必要ということはよく言われていて
摂取している人も多いと思いますが、
妊娠後もとても葉酸は必要なものとなってきます。

 

妊娠後に葉酸が不足してしまうと、どのような危険が待ち受けているのかというと、
葉酸不足によって胎児に影響が出てしまうことがあるからです。

 

どのような影響なのかというと、無脳症やダウン症や神経管閉塞障害などの
病気を引きおこすことがあるということと、
流産の危険のリスクも高くなってしまいます。

 

出産をきちんと出来たとしても、このような影響を受けた胎児は、
出産後に発達障害が出たり、自閉症になったりすることがあります。

 

葉酸が不足してしまうだけでこれだけのリスクを抱えることになりますので、
葉酸をきちんと摂取するということはとても大切だということが良くわかるでしょうか。

 

妊活中から出産まできちんと摂取することをおすすめします。

 

厚生労働省が推奨する「1日あたりの葉酸の摂取量」は?

 

葉酸は不足すると色々と病気などを引き起こすといわれているので、
きちんと一日の必要量を摂取することが望ましいです。

 

厚生労働省が推奨する一日に必要な葉酸の量は400μg(0.4mg)と言われています。

 

一番大切なのは妊娠直後から妊娠3カ月くらいまでが特に重要と言われていますが、
妊娠後も葉酸のサプリメントの摂取は胎児が病気にならないためにも、摂取が必要です。

 

しかし過剰摂取することは体に害となることがあります。
一日1000μg(1mg)以上は摂取しないように気を付けましょう。

 

妊娠5か月を超えて10カ月くらいまでの間は一日240μg摂取すればよいでしょう。

 

出産後の授乳期には一日100μgの摂取が望ましいので、
時期によって葉酸の摂取量が変わっていくということを頭において、
きちんと容量を守って摂取していくと良いでしょう。

 

妊活中の葉酸摂取は、食事ではだめ?

妊活中に葉酸を摂取するのは食事からの摂取だけでは足りないのでしょうか?

 

葉酸は食事にも含まれていますが、
妊娠してからの必要な葉酸は食事に含まれている葉酸ではなく、
葉酸サプリメントに含まれているモノグルタミンサンという成分が入っている葉酸となります。

 

ですから食事だけしていても妊娠中や妊活中に必要な葉酸は摂取できないといえます。
厚生労働省も葉酸は、合成葉酸の摂取が望ましいとしているため、
葉酸のサプリメントが適しているということになります。

 

また妊活や妊娠中に必要な一日の葉酸量の400μgを食事から摂取することは、
なかなか難しいといえるでしょう。

 

きちんと毎日適量を摂取したいのであれば、サプリメントから葉酸を摂取するということが必要なのです。
妊活サプリメントを同時に摂取している人は、葉酸の量が一日量を超してしまう事がありますので、一日量を守って摂取しましょう。

 

葉酸は毎日の食事からもとれる?

 

葉酸はサプリメントではなく、食事からも摂取できると言われていますが、
どのような食事をすれば葉酸を摂ることができるのでしょうか?

 

緑黄色野菜や大豆製品、卵、乳製品、果物などを必ず毎日適量摂取し、
レバーなどを摂取できていれば葉酸はきちんと摂取できるといえるでしょう。

 

しかしそれだけの量を毎回の食事できちんと摂取するというのはなかなか難しいです。
また、その中に含まれている葉酸も一日に必要な量までとれているのか、
と言われればはっきりとはわからないでしょう。

 

調理をする上で茹でてしまうことにより、必要な成分は流れ出てしまうとも言われています。
ですから、食事だけで葉酸を適切な量摂れるのか?と言われると、少量なら可能ですが、
適量まできちんと摂取できるとは言えず難しいと言えます。

 

ですから妊娠中や妊活をしている人などは、サプリメントから摂取することが望ましいです。

 

妊活における葉酸の効果について

葉酸は妊活している間から必要と言われていますが、
妊活からどのような葉酸の効果があるものなのでしょうか。

 

妊活しているといつ妊娠するかわかりません。
妊娠すると妊娠検査薬で妊娠していると分かるまで数週間かかります。

 

その分からない間に特に葉酸が必要となってくる時期なので、妊活中から葉酸が必要です。
また妊娠してから着床するまでに葉酸を摂取していると、
着床を促進したり、受精卵の成長を助ける作用などがあるため、
葉酸の効果が高いといえます。

 

葉酸は妊活の時から赤ちゃんを授かる上で欠かせない効果があるのです。
他にも、子宮内膜の強化に役立ったり、
子宮内の血流を促進してくれる作用なども
葉酸により効果が出ると言われています。

 

そのような理由があることから、妊活の時からきちんと葉酸を摂取していることで
着床などもスムーズに行われ、妊娠率も上がると言えるでしょう。

 

葉酸の健康・美容効果とは

 

葉酸は妊活中や妊娠中にしても必要なものだとされていると思いますが、
葉酸はビタミンB群の一種なので、男女ともに健康や美容効果にも影響があるものとされています。

 

もともとはホウレンソウの葉っぱから発見されたと言われています。
しかし野菜のみに葉酸が入っているわけではなく、レバーなどにも含まれています。

 

葉酸がどのような健康・美容効果があるのかというと、
葉酸はタンパク質を合成してくれる働きがあるため、
肌荒れを治したり、髪の毛をつやつやにしたりする効果があります。

 

また、葉酸は血液量を上げてくれるといわれていて、
冷え性などの人は冷えを改善できるとも言えます。

 

基礎代謝があがることでダイエット効果もあります。
腸内の粘膜細胞も代謝することが出来るため便秘がちの人は
葉酸を摂取すると便秘解消できると言われています。

 

このように健康や美容にもさまざまな効果があります。